G1クライマックス29前日記者会見動画が公開!注目ポイントは!?

スポンサーリンク
G1クライマックス G1 CLIMAX

7月6日の夜中に、G1クライマックス29前日記者会見動画が、ライブ配信されました。

初めての海外でのG1前日記者会見、また観客の声もダイレクトに感じる事が出来た為、それぞれの選手の”海外人気”という部分も伺えるものとなっていました。

また、あれだけ飛行機が嫌いと言っていたタイチも、開幕戦で試合が組まれていないにも関わらず、記者会見に登場というサプライズなんかもありました。

前日記者会見の動画を見ていて感じた事を、少し書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

G1クライマックス29前日記者会見動画

今回の動画は新日本プロレスワールドでも現在の所、翻訳がまだついていません。

公式サイトには載っていますので、そのページを貼っておきます。

Aブロック出場選手のコメント

Bブロック出場選手のコメント

前日記者会見の見どころは!?

今回の前日記者会見の注目ポイントは、1つは選手達のリアルな海外人気を知れるという部分だと思います。

当サイトでも最近「海外の反応」として、海外掲示板に上がっている海外ファンの声などを紹介していますが、選手達が登場した時に上がった歓声とブーイングの量は、そこに上がっている評価とかなり近いものでした。

もちろんヒールレスラーはブーイングを集めるのが仕事ですから、その部分に関しては考慮する必要がありますが。

 

2つ目は、アピール力

もちろんプロレスラーである以上、試合でアピールするのはもちろんなのですが、こういう場でどうアピールするかという部分などから、各レスラーの考え方が見え隠れしているような気がします。

例えば、内藤哲也なんかは、ファンが見たいであろうお決まりのポーズなどを全部見せていましたし、トランキーロのくだりなどファンが喜ぶであろう事を詰め込んだ上で、自分の主張やスタンスは崩していませんでした。

タイチなんかも、事前にダラスには行かないと見せかけてのサプライズ登場や、自分のスタイルを一切崩さない所が見られました。

「画面の向こうにいる日本のファンに向けても、しっかりとメッセージを届ける」という意識が見えたような気がします。

もちろんこれは、所属とフリーでも大きく意味は変わってくるとは思うんですが。

そういう意味では、ジュースのあの短すぎるコメントは、他の外国人選手のアピールと比べて残念でした。

KENTAの英語でのコメントには、インタビューなどでもよく語っている通り、海外にアピールする手段としての新日本参戦というのが表れていたのかな・・・なんて自分は考えました。

もちろん真相はわかりませんが・・・。

 

そういった選手の考えまで思考を巡らせる楽しさ、シンプルに頭空っぽにして見る楽しさ、使い分けながら、G1クライマックス楽しみたいと思います。

 

こちらからは、以上です!

スポンサーリンク