[G1 29]ジョン・モクスリー対石井智宏の試合に対する海外の反応をまとめて紹介!

スポンサーリンク
海外の反応 G1 CLIMAX

G1クライマックス29も開催6日目、7.19後楽園ホールは、Bブロック公式戦の3戦目が行われました。

そのメインカードとして行われた、ジョン・モクスリー対石井智宏

G1開幕以後は、あっさりした試合を繰り広げてきたモクスリーでしたが、この試合では一変、壮絶な削り合いとなりました。

場外の机に寝かせたモクスリーに対して、石井がコーナー最上段からダイビングボディプレスを喰らわせるシーンなどもあり、お互いの覚悟意地がぶつかりあったこの試合。

海外ファンの目にはどう映ったのでしょうか?

ジョン・モクスリー対石井智宏の試合に対する海外の反応をまとめて紹介します。

スポンサーリンク

ジョン・モクスリー対石井智宏の試合に対する海外の反応

海外掲示板より抜粋。黄色の枠は上のコメントに対する返信です。

石井はみんなにとって最高の相手だ。
このストーンピットブルに対して悪い試合をすることは、不可能です。
IWGPヘビー級選手権を彼に渡しなさい!不安に思う必要はないですよ。
石井は世界で最も優れたレスラーの一人だ。彼は悪い試合をする事ができないんだよ。
石井は、デビュー以来、キャリア全体を見てもカードのトップにさえいなかったにもかかわらず、私の心を奪った世界で唯一のレスラーです。
彼がまだIWGPベルトに触れさえしていないというのは、人類に対する犯罪です。
石井は最も過激な乱闘の中にいます。
そしてモクスリーは、世界で最高の石井のような試合をしたいと思って何年も費やしました。
彼らはキラーマッチをすることに失敗することはできませんでした。
私は怖い物なんてないですが、飛んでいるストーンピットブル・・・それは私を怖がらせます
モクスリーがAEWの前にNJPWと取引をしたので、レッスルキングダムとAEWに現れるために取引をした可能性は、あるのでしょうか?
私は、モクスリーがレッスルキングダムに出るつもりだと思う。
彼(モクスリー)がニュージャパンが大好きで、NJPWが彼と一緒にいるのが大好きなので明らかです。
彼とジェリコは、彼らが望むことは何でもすることができ、彼らが優先するものに応じて、プロモーションは調整する必要があるでしょう。AEWの毎週のショーのおかげでモクスリーは、秋と冬に出演する可能性は少なくなるでしょうが(彼は翔太とワールドタッグリーグをやってくれることを本当に望んでいますが)、彼は間違いなく大きなイベントに現れるでしょう。

彼がWWEを嫌って去りたいと思っていたとき、そして彼がどこへ行くのか、そして何をしたいのかを考えると、この試合は彼が夢見ていたものの1つだと思う。
私はこの試合が本当に好きだった、これまでで最高のモクスリーの試合
素晴らしい、素晴らしい試合。激しい打撃。
モクスリーがNJPWのファンであることもわかります。
彼は新日本のスタイルと戦った。
これまでのところG1で私のお気に入りの試合。なんて戦いだ。
モクスリー対石井は、おそらくこれまでのところBブロックのベストバウトでした。
簡単に5つ星です。
石井はとてもいいです。
私は、彼が誰とでも、どんなスタイルでも、素晴らしい試合をすることができると確信しています。
彼は試合を引っ張っていく事も出来るし、そして誰にでもついていくこともできます。
石井が負けても怒るつもりはない。
それは私が見た他のすべてのアンブローズ / モクスリーの試合よりも優れていた。
これまでのトーナメントのベストマッチ。
新しい視聴者として、私は今石井に夢中です。
そして間違いなく私のモクスリーの試合でトップ5です。

 

それで、誰がモクスリーを最初に負かすのでしょうか?内藤?
フライングピットブルは石井の新しいスタイルです。
2つ言いたい。
私はまだ、ディーンアンブローズがNJPWにいるとは信じられません。
2つ目は、私は石井に対してもっと敬意を持つべきだと思う。
彼はみんなと素晴らしい試合をしているように見える、そして彼と対戦相手は3カウントの後に常によく見える。
彼が世界で最高の労働者の一人であると言っても過言ではありません。
私の神はなんという戦いをするんだ。
トーナメントのベストマッチのひとつです。
彼らがこのようにモクスリーをプッシュしてくれているのを見ると、私は本当に幸せな気持ちになります。
彼らが観客の中で喧嘩している間、彼(モクスリー)がレッドシューズを抱きしめたとき、私は笑っていました。
彼は本当に海野ファミリーを大切にしています。

試合の危険性に対する指摘を含んだコメント

これまでのところMモクスリーの日本一のベストマッチ。
石井が勝つことを願っていたが、彼はタイトルに挑戦することになるでしょう。
しかし、私は彼がテーブルスポットを手に入れたとき、負けるという事に気づいてしまった。
両者にとって素晴らしい試合。
ちょっと多すぎるヘッドバットが少し不安でしたが、石井は今でも最高のレスラーであり、最高の喧嘩屋です。
モクスリーはこのG1においても素晴らしく、彼が上演しているすべてのショーに異なった何かをもたらしています。
私が好きではなかった唯一の事は、ヘッドバットでした。
それらを取り出してください。それでもまったく同じ試合ですが、より少ない脳のダメージで終える事が出来ます。
いい試合だけど、頭突きをやめないのはなぜ?
それらを美しく見せる唯一の方法はそれらを止めることです。
そしてそれは、リスクに見合う価値がありません。
その部分は本当に試合から私を引き離しました。
同意。頭へのヘッドバットや、武器での攻撃は、競技者の健康にとって危険すぎるので、もうこれ以上行わないでください。
私にとって、5つ星を与えられない理由の1つでした。
私は、ヘッドバットスポットが多すぎると思う唯一の人ですか?四つん這いになっているヘッドバットが、私に最悪の事態を想像させました。
それはさておき、飛ぶ石井は、一瞬の為に一生を捧げていて、そしてモクスリーは境界線が止められないように見える。
最後に、それらに対する反論的なコメントを紹介します。
それが本物か偽物かなど分析的に見るのではなく、個人的には、それが何であるか、彼らが何を言おうとしているのか、そして私がそれを信じるのかどうかを楽しんでいます。
別の柴田(勝頼)が起こる可能性はありますが、同じことはムーブメント、首から落としたり、何でも同じ事が言えます。彼らは訓練を受けた選手です。

まとめ

やはり海外人気の高い石井智宏に、海外からの注目度の高いジョン・モクスリーの1戦という事で、期待していた海外ファンが多かったようです。

あれだけの激闘ですから、かなり高評価だったようです。

一方でヘッドバットに対して”危険すぎる”という指摘もいくつかありました。

G1で石井が見せてきたファイトを考えると、ダメージも相当でしょうし、試合後に三澤トレーナーが出てきていたのは、心配になりましたね。

しかし、それでもこの試合は、めちゃくちゃよかったと思います。

石井が前日に出したコメント、その心意気が全部試合に詰まっていたように思います。

狂犬、ジョン・モクスリー。狂犬か? あいつの日本での試合何試合、全部見たけど狂犬ぶりが見えない。本当に狂犬なのか?
なんだ遠慮してるのか? 自分をさらけ出せよ。自分をさらけ出せ。
今までよ、それが出来なかったんだろ?
せっかく日本来たんだ、テメーの得意なデスマッチでもケンカでも受けて立つぞ

引用:新日本プロレス

こちらからは、以上です。

[G1 29]Bブロック初戦の海外の反応を試合別にまとめて紹介!
G1クライマックス29!開催2日目、7.13大田区総合体育館。Bブロック初戦は海外のファンにどう映ったのでしょうか?海外の反応を試合別にまとめて紹介します。
G1クライマックス29開幕戦!ダラス大会に対する海外ファンの反応をまとめて紹介!
G1クライマックス29の開幕戦となった、7.6(現地時間)ダラス大会。空席こそ目立ったものの、観客の熱狂ぶりは、新日本プロレスが海外で受け入れられている事を十分に示しました。このダラス大会は海外のファンにどう映ったのでしょうか?海外の反応をまとめて紹介したいと思います。
スポンサーリンク