G1クライマックスの公開記者会見で起きた出来事を振り返る!

スポンサーリンク
G1クライマックス G1 CLIMAX

本日、いよいよG1クライマックス29の、出場選手ブロック分けの情報が発表されます。

新日本プロレスファンなら、G1にどの選手が出場するのか?どんな対戦カードが組まれるのか?を注目していると思いますし、開幕が待ち遠しい所でありますが、個人的にもう1つ楽しみな事があります。

G1クライマックスの公開記者会見です。

印象に残る出来事の多い、この公開記者会見。

少しだけ振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

G1クライマックス公開記者会見でよく起きる出来事

昨年のG1クライマックス28の記者会見は、2部でファイヤープロレスリングというゲームが発売されるにあたっての会見があった影響もあり、わりとあっさり終わってしまいました。

とはいえ、2部は真壁刀義の圧倒的なトーク力で、楽しい会見になっていましたが。

G1の公開記者会見といえば、これまで何度か起きている、外国人選手真壁刀義が揉めるシーン。

そして、他の選手のコメントに、まさに「笑ってはいけない記者会見」状態になってしまっているオカダ・カズチカや中邑真輔なんかの姿が印象的です。

人間味というか、妙な親近感を覚えてしまうわけです。

 

これから過酷な闘いが始める記者会見ですから、ヘラヘラするわけにはいかないと。ましてやチャンピオンとかならなおさらだと。

でも、EVILのくだりとか、自分の後輩がやってたらそりゃ笑うだろうし、本間のコメントが聞き取れなさすぎて、我慢できず笑ってしまうなんてのも、ファンからするとほっこりしますよね。

ただ、会場やカメラ位置の関係なんかで、選手がコメントしている時に、内側に座っている選手が映るパターンと、昨年なんかもそうでしたが、他の選手が映らないパターンがありますから。

今年は、是非映してほしいなぁ。

過去のG1クライマックス公開記者会見で起こった出来事

1番印象に残っているのは、やはり尖り切っていた頃の、高橋裕次郎事件です。

2013年のG1クライマックス。

CHAOSに属しているころで、”R指定”キャラが今よりも強めだった頃の裕次郎が、女性(セ〇シー女優)を連れ立って登場。

キッスまでしてしまいました。(それも濃いやつ)

その時は、中邑真輔なんかも笑っていたんですが、次にコメントする鈴木みのるがキレて、裕次郎とにらみ合う展開になり、イスを投げ飛ばして帰ってしまいました。

その後、懲りずにまたイチャコラする裕次郎は、さすがというか何というか。

鈴木軍だった、元々WWEで新日参戦以降に復帰して今もWWEにいる、シェルトン・ベンジャミンが、とりあえず立ち上がるんだけど、ボスは帰っちゃうし次は自分のコメントだしで、1番の被害者かもしれませんね。

動画貼っておきますね。↓↓裕次郎の出番は28分~

【LIVE!】31.July,2013 G1 CLIMAX 23 PressConference

ほっこりするシーンでいうと、その翌年G1クライマックス24の時は、本間のコメントの時にオカダなんかは笑ってしまっていますし、矢野なんかの時にも笑ってしまっていますね。

動画↓↓本間の出番は18分~、矢野の出番は29分30秒あたり~

2014.7.19 PRESS CONFERENCE "G1CLIMAX24"

他にも、G1クライマックス27(2017年)は、バッドラック・ファレと真壁が乱闘になったり、EVILのコメントの時に、ケニーオメガが口パクで真似してみせたり、矢野通のコメントにオカダは我慢できず笑ってしまっていますし、棚橋も笑いをこらえていたりします。

動画は↓↓ファレと真壁が0:56:30~、矢野のコメントが1:02:50あたり~、EVILが1:23:00~

G1 CLIMAX27 記者会見

これまで公開記者会見を盛り上げてきた、真壁と矢野は当落線上にいると予想されますが、今年はどんな公開記者会見になるのか、楽しみですね。

こちらからは、以上です!

 

最新情報を人気のプロレスブログからチェック!!↓↓

人気ブログランキング