飯伏幸太が不穏コメント!?内藤への「パンチドランカー」発言の意図は!?

スポンサーリンク
飯伏幸太 プロレスラー

ドミニオンでのタイトルマッチ以後、Twitterにて内藤哲也に対し「やられたらやり返す」発言から一転「興味がなくなった」発言をしていた飯伏幸太

キズナロード初戦で内藤哲也に対してこんなコメントを出しました。

非常に残念ですね。ベルトが、インターコンチ(ネンタル)の。せっかく獲ったのに。それはそれ。
ただ、一つだけ。
負けたから、何も言う立場じゃないけど、僕はパンチドランカーとはやりたくない。まず、病院に行ってきてください。よろしくお願いします。まず、それからです。

引用:新日本プロレス

現時点で試合映像がないため、また危険な攻防でもあったのかなと思いましたが、マッチリポートを見る限り、普段通りのタッグマッチという印象。
今回は、この不穏な発言について、少し掘り下げて考えていきたいと思います。
スポンサーリンク

飯伏幸太と内藤哲也との温度差

飯伏が「パンチドランカー」呼ばわりしている一方で、内藤のコメントは

お世辞でも何でもないよ。あれだけのケガを負いながらね、今日、普通の顔して、普通に試合する飯伏幸太。

やっぱ、すごいレスラーだと思うよ。

ああいう選手だからこそ、ワクワクさせられるし、ワクワクしちゃうし。いやあ、あらためて、すごいレスラーだなと思いますよ。
まあでも、これ“レスラー”飯伏幸太の話だからね。“人間”飯伏幸太は、俺は大っ嫌いだから。
まあ、そんな飯伏幸太が今シリーズ、全試合かな? “対角線”にいるわけでしょ? 燃えないわけないじゃん。

と、温度差すごすぎて風邪ひくレベルの両者。
ここまで辛辣な言葉を投げかけるのは、何故なのでしょうか?

パンチドランカー発言の意図は!?

そもそも「パンチドランカー」って何ぞや?という話しな人もいるかもしれないので、ウィキペディアによると
頭部への衝撃から生じる脳震盪を起因とする、神経変性疾患及び認知症に似た症状を持つ進行性の脳障害疾患、また、そのような状態にある人間を指す。
との事。
この発言が、内藤の放った危険技(頭突き?)に対してだと捉えて「飯伏は人には危険な技をかけるくせに、自分がやられたらキレるのか?」という受け取り方をしてしまう人も多そうなこの発言。
この発言の意図を考える前に、少し飯伏幸太について語りたい・・・と思ったんですが、書いているうちに長くなりすぎたので、それはまたにするとします。
過去には、Twitterにレスラーの裸の画像を載せまくっていて、一度はアカウントを凍結された経験もある飯伏。
記憶に新しい、去年ケニーとの仲が一時的に危うくなった時期にも不穏なツイートが見られましたし、引退ツイート騒動で、メイ社長はじめ新日本プロレスに怒られるという事もありました。
これらから考ると、飯伏はいつも常人では理解しがたい事を言ってるから・・・という部分もあるのですが、最近の飯伏はなんだか少し違う気がするのも事実。
いくつかのパターンにわけてみます。

内藤のコンディションを心配している

最近の内藤は、特に試合が長時間になってくると、後半に膝の踏ん張りが効かないシーンが散見されます。
アニマル浜口ジム時代に右膝の前十字靭帯断裂、2012年にも同じ靭帯を断裂、手術のため長期欠場していて、今も定期的に膝の水を抜きながら試合をしていますからね。
実際に、飯伏も最近、内藤のコンディションについて言及していた事もありました。
また、飯伏自身も、怪我が多くコンディション面で苦労した選手でもあります。
昔ですが、飯伏の弱点を聞かれたDDTのHARASHIMAが
「飯伏はベストコンディションな時が少ない。ケガも多いし、外から見たらケガをしていなくても熱があったりという事が多い」
なんて語っていた事もありました。
だから”コンディション”という部分には、敏感なのかもしれません。
内藤とは57年会からの仲ですし。
57年会
内藤がロスインゴ入りしてからは、開催されていないそうですが。

次なるストーリーを作ろうと仕掛けている

”拒否する飯伏”といえば、2018年暮れの後藤洋央紀との流れを思い出します。
後藤がタイトルマッチに飯伏を指名するも「却下します」の一点張りを繰り返し、ついに後藤が「諦めたよ・・・」という罠を仕掛けたあの流れ。
リマッチは、もうしばらくはいいかな・・・とは思うものの、あのパターンはまた見たい気もします。
前回の記事「飯伏幸太とKENTAの関係性とドミニオンで送ったメッセージ!」という記事でも書いたのですが、KENTAがここに絡んでくるという展開も、期待したい所です。
小学生から”受け”に魅力を感じて、プロレスごっこにて高角度で落とされる事に喜びを感じながら、独自の受け身を習得した飯伏ですから、内藤の危険技や頭突き対して、本気で批判している事はないとは思います。
オスプレイ戦でも、感謝を述べていたくらいですから。
当然ですが、飯伏が嫌われている事もないと思いますよ。(Twitterで心配してる人を見かけたので)
2人がどうなっていくのか注目ですね。
こちらからは、以上です。

最新情報を人気のプロレスブログからチェック!!↓↓

人気ブログランキング