飯塚高史!引退試合でも最後まで貫いた怨念坊主!

スポンサーリンク
飯塚高史引退 新日本プロレス

2019年2月21日 飯塚高史引退記念大会。

どんな幕引きになるのか全く予想できない引退試合でした。

天山は等々力渓谷で飯塚高史の善良な魂を見つける事が出来たのか?
友情タッグは復活するのか?

そして引退セレモニーは誰が来るのか・・・

こんなにもワクワクする引退試合は今までなかったかもしれません。

スポンサーリンク

野上アナが登場

セミまで実況を務めた辻アナに変わり、やってきたのはやはり、野上アナ。

最近はプロレス実況で見る機会も少なくなってきていたように思います。

客席から暖かい”野上コール”が沸き起こりました。

席に座り、スーツの上着を脱ぐと野上アナらしい”熱い”言葉で飯塚高史の引退試合の実況を始めました。

そして、いつも通り観客席を暴れながら入場してきた飯塚高史。

向かって来る飯塚を見て、ネクタイを緩める野上アナ。

準備万端。彼もまたプロでした。

やっぱり襲撃され、裸にネクタイ姿になってしまう野上アナ。

金沢さんが「野上さん、シャツ破られましたけど最後まで自力で耐えましたよ」と励ましの言葉をかけていました。

どんな励まし方ですかそれ。もう最高です。

封印された技”ビクトル式膝十時固め”が飛び出した

試合中は鈴木みのるもタイチも完全に飯塚高史のサポートにまわり、中盤には飯塚が天山の指に噛みついたのにあわせて、鈴木みのるも天山の指を噛みつくシーンもありました。

そしてオカダカズチカのレインメーカーにカウンターでみせた、ビクトル式膝十字固め!

こんなにスムーズに決めれるなんて!
体つきを見てもわかる通り、怨念坊主になっても昔と変わらずストイックに練習している事が想像できます。

それに、また1つレインメーカーへの新しいカウンターパターンを見れました。
引っ張られる力を利用して飛び込むという、理にかなっててすごい説得力がありますよね。

魔性のスリーパーと呼ばれたスリーパーも飛び出し、久しぶりに”落とせ”コールが観客から沸き起こりました。

しかし、最後は天山が友情タッグTシャツを掛けて、はなむけのムーンサルトで3カウント。

観客からの飯塚コールと天山の必死の呼び掛けに、頭を抱え苦しんでいる様子の飯塚。

握手しそうになる右手を左手で必死にとどめる飯塚。

握手しろ!!飯塚!!と願いました。

振り返れば僕が初めて見たプロレスは小学生の頃のUWFインターとの対抗戦。
新日側の2連勝で迎えた第3試合で飯塚が高山に負け、当時は本気で憤ったのを思い出します。

実況席では解説の山崎一夫さんも飯塚コール。

声援を煽るオカダと矢野、気配を消しながらもリングサイドで見守る鈴木みのる、花道に立ったまま見届けるタイチ。

ついに!ついに右手を伸ばし・・・握手したー!!ばんざーい!!

二ッコニコでハグをしにいく天山に・・・まさかの噛みつきを喰らわせる飯塚。

天山の呼びかけとファンの歓声に、飯塚の出した答えはアイアンフィンガーでした。

貫き通したヒールの美学

そのまま、暴れながら観客席に飛び込んでいく飯塚の背中に、同じ鈴木軍のタイチが呼びかけました。

「おい飯塚!飯塚!まてこの野郎!・・・

お前よぉ、本当に引退すんのかどっちなんだよこの野郎!

最後くらいてめぇの口でハッキリ言えこの野郎!!」
その声も無視して暴れ続ける飯塚。
鈴木みのるが10カウントゴングを鳴らし、飯塚高史は怨念坊主のまま、暴れながら退場していきました。
その後も観客は”飯塚コール”を続けましたが、再度登場する事も引退セレモニーなどもなく幕引きとなりました。

タイチのマイクはファンの声を代弁したものなのか、本心から来るものなのか。

試合後、タイチはバックステージコメントと同じような内容を、Twitterでも呟いています。

飯塚高史の本当の想いを聞きたい気持ちはありましたが、この飯塚の怨念坊主を貫いたまま去るという選択を受け入れるしかないんでしょう。

ブリザードスープレックスを出しかけたのに投げれなかったというのは、1つの答えのような気もします。

真実はわかりません。

まだどこかに怨念坊主の飯塚はまだいます。

もしかしたら、あなたのすぐ後ろに・・・

おっと。急なホラー。

とにかく、プロレスの奥深さにまたもや触れる事が出来た一夜でした。

飯塚高史選手、本当にお疲れ様でした。

こちらからは、以上です。