ジェイ・ホワイトはMSGで評価を上げたのか?海外ファンの反応から探る!!

スポンサーリンク
MSG MSG

4.6にMSGで開催された「G1スーパーカード」

メインイベントで行われたIWGPヘビー級選手権試合では、オカダ・カズチカジェイ・ホワイトを破り王者に返り咲きました。

ジェイはMSGでも大ブーイングを浴びながら、いつも通りの闘い方をみせました。

客席にいる女性が「F〇〇Kジェーイ」と叫んでいるのがとても印象的でした。

 

あれだけジェイがヘイトを集めたからこそ、オカダの勝利で沸いたという部分はもちろんあると思います。

でも試合スタイルのせいなのか、ネットなんかを見ていても話題に上がる事が少なく、ファンからの注目度はイマイチな印象もあります。

MSGでは、解説者達が口を揃えてジェイの「上手さ」を語り

「関係者の評価はすごく高い。ファンにはまだジェイの凄さが浸透していない」

的な事を言っていました。

凱旋帰国から1年半、BULLET CLUBに入ってから約6ヶ月と少し。

まだまだ若いしこれからの選手なのは間違いありません。

MSGでジェイ・ホワイトは評価を上げたのでしょうか?

スポンサーリンク

MSGでのジェイ・ホワイトの海外での評価は?

アメリカ最大級の掲示板と言われる「raddit」を見てみると、大半はROHへの酷評です。

ブリーレイやセミファイナルのラダーなども酷評されています。

「ROHは序盤は退屈で、終盤にはラダーで観客を殺しにきた」というコメントもありました。

たしかにラダーが客席に突っ込んだ時には肝を冷やしましたよね。

 

一方で新日本プロレスはかなり高評価

中でも内藤対飯伏、ジェイ対オカダを称賛するコメントはかなり多く、特にオカダに対する称賛はかなり多いですね。

ジェイ・ホワイトはやはりオカダと比べると少ないのですが、一部を紹介すると

・負けたけど強く見えた

・ビッグマッチのたびに少しずつ良くなっている

・ジェイは会社を引っ張る準備はまだ出来ていない。まだ2年は必要だが、大きなブレイク
を果たす可能性を秘めている。

・絶対にまたチャンピオンになるだろう。彼は最高のヒールだ。

・この試合の後にジェイをまだ嫌っているなんて馬鹿げている

このようなコメントが目に止まりました。

旗揚げ記念日の時のジェイに対するコメントなんかを見ても、決して評価が悪いわけではなかったですから、やはりまだ”これからに期待”という評価にとどまっているという感じでしょうか。

ヒールとしての才能

元々ジェイは凱旋帰国後のレッスルキングダム12の対棚橋で評価を落とし、ケニーオメガを破りUSヘビーを取った時はゴールデンラヴァーズの再結成にもっていかれ。

CHAOSを裏切った時にはYOSHI-HASHIのアクシデントがあったりと、見せ場をいつも持っていかれるイメージが多かったです。

ただヒールとしての才能を感じたのも、その瞬間でした。

流血したYOSHI-HASHIにイスを投げつけ、エプロンで頭を抱えている所を蹴り落としリングから除外(正面カメラの映らない場所に)。

そしてYOSHI-HASHIの様子を見に行くも、すかさず血を自分のおでこに塗ったシーン。

あの対応力には驚きました。

 

ヒールは馬鹿では出来ないとも言われますが、試合を見ていてもジェイ自身どうやったら観客がイライラするかわかっているなぁというのを感じます。

MSGでレインメーカーに対して座り込んだ時なんて感心すらしました。その倍くらいイライラしましたけど。

日刊スポーツの記事でオカダはこう語っています。

「本当に強かった。これから何回も戦う相手になる」

引用:日刊スポーツ

ライバル宣言といったところですよね。

ジェイもまた上がってくるでしょう。

 

ただ今度のジェイ対後藤戦では、後藤洋央紀に勝って欲しいんですけど。

NYでもジムでトレーニングして、帰国後もすぐにトレーニングして、オフの時にYOSHI-HASHIが「オフどうですか?ゆっくり休めてますか?」と聞いたら

「俺はオフでも試合があっても練習するだけだから変わらない」

と答えたストイックな後藤洋央紀に。

ジェイが後藤戦でどんな試合を見せるのかも楽しみですけどね。

 

こちらからは、以上です。