ジョン・モクスリー(ディーン・アンブローズ)とジュース・ロビンソンの関係性と「TIME’S UP」の謎を解明する!

スポンサーリンク
タイガーマスク プロレスラー

IWGP USヘビーの現チャンピオン、ジュース・ロビンソンに向けて流れていた「TIME’S UP」VTR。

新日本プロレス公式より、デスライダーのその正体はジョン・モクスリー(ディーン・アンブローズ)と発表がありました。

AEWと契約したということで、候補としては消えたという大方の予想を裏切るサプライズとなりました。

6.5のIWGP USヘビー級のタイトルマッチが決定!!

緊急記者会見まで行われました。

・・・ところで岡倫之はいずこへ?

ジュース・ロビンソンに向けられた「TIME’S UP」VTRの正体は岡倫之か!?
ベスト・オブ・スーパーJr中にも繰り返し流れる「TIME’S UP」。IWGPUSヘビー級、第4の挑戦者からのものであろう、ジュース・ロビンソンに向けたこのVTR。謎の人物の正体が岡倫之であると思う理由。クリス・ブルックスの可能性やデビット・フィンレーの可能性が低いと思われる理由など。
スポンサーリンク

ジョン・モクスレーと「TIME’S UP」VTRの謎

ジョン・モクスリー(ディーン・アンブローズ)といえばWWEでセス・ロリンズロマン・レインズとの「ザ・シールド」で大人気だった選手です。

 

タイガーマスク

まさに、スーパースター

シールドの3人が並び立つと半端ない「華」があります。

その中でもアンブローズは異端児という言葉がピッタリなイメージ。

ロリンズに裏切られてユニットが解散してからは、狂犬と言われるストリートファイトスタイルに転身、正装が白タンクトップにジーンズに。

 

シールド自体は2017年に再結成以後、アンブローズの長期欠場やヒールターン、レインズの白血病治療での長期欠場なんかもあり、ようやく3月に再々結成したと思ったら4月にアンブローズが退団とバタバタしていましたが、それでもアンブローズが新日本にというのはビッグサプライズといえます。

4月にWWEのリング上でお別れをしたばかりで、AEWと契約に新日本参戦となかなかのスピード感ですね。

フィニッシャーは、ダーティ・ディーズというダブルアームのDDTと少し地味ではありますが、WWEでは見せられなかった引き出しを開けるのかにも注目ですね。

個人的には試合よりキャラと立ち振る舞いに注目したい所です。

「TIME’S UP」VTRの謎

あのVTR内のヒントとジョン・モクスリーにはどんな関係があったのか?

まず「デスライダー」やVTRの最初に聞こえたバイクの音は、アンブローズのテーマ曲から来るものと予想されます。

イギリス国旗に関しては、イギリスにMoxley(モックスリー)という地名があるんだそうです。

ジュース・ロビンソンかCJパーカー(ジュースの昔のリングネーム)に関わる建物か、他の何かがあるのかもと思って調べてみました。

Moxleyの地図

わかりにくいですが、近隣の道路の名前の中にアンブローズの文字が!!(無理やり)

・・・という事で納得しておきます。

ビール瓶に関しては本人がTwitterに上げてたプロモ映像にビール瓶が出てきますからそれでしょうかね。

記者会見でジュースが語った二人の関係

記者会見でジュースはジョン・モクスリーとの関係を語りました。

2人はNXT時代にとても仲が良かったそうです。

そして、まだキャリア3年目のヤングライオン的な立場のジュース(当時はCJパーカー)は、モクスリー(アンブローズ)にシングルで敗れているそうです。

調べてみた所、タッグマッチで2012年3月16日にFCW(WWE傘下団体)で、シングルは2012年8月23日にNXTでダークマッチとして対戦しているようです。

ダークマッチとは・・・テレビ放送を前提とした興業やPPVにおいて放送されない試合や事前告知なく当日に実施される試合

ザ・シールドとしてRAWに殴り込みをかけたのが2012年11月のようなので、アンブローズのNXT時代後期といえますね。

ちなみにその後ジュースは、同じく後のザ・シールドであるロマン・レインズにシングル4連敗。次の試合でセス・ロリンズに敗北。

後のザ・シールドに順番に負けていってるんですね。

やっぱりプロレスってドラマですなぁ~。

 

こちらからは、以上です。

 

 

最新情報を人気のプロレスブログからチェック!!↓↓

人気ブログランキング