獣神サンダー・ライガーの夢破れる!!バクステコメントは引退示唆なのか!?

スポンサーリンク
IWGPジュニア IWGPジュニア

2019.3.6旗揚げ記念日の第5試合。

獣神サンダー・ライガー対石森太二

2000年にIWGPジュニアヘビーを巻いて以来、約20年ぶりの戴冠が期待された獣神サンダー・ライガーでしたが、15分50秒、Yes Lockにより敗れました。

平成元年にデビューしたライガーが、平成の終わりにベルトを巻くというドラマに期待していたファンも多かったと思いますが、あと一歩届かず。

試合後にはドラゴン・リーが挑戦表明しました。

ドラゴン・リーが旗揚げ記念日に参戦する理由!
新日本プロレスのスケジュールが更新されました。旗揚げ記念日にドラゴン・リー参戦!!では、なぜこの時期に参戦するのか?考えてみたいと思います。

ただ、ROHと契約(アメリカで試合の時限定かな?)したっていう情報を知らないファンの人が多かったらしく。

ドラゴン・リーが出てきた時「え?だぁれ?」ってなってましたね。

この日に限って、あの「ドラゴンリー」ってカタカナで書いてるジャージ着てこない所がお茶目ですよねぇ。(ドラゴン・リーのファン的に)

スポンサーリンク

獣神サンダー・ライガーの存在感

リビングレジェンド、”生きる伝説”と言われる獣神サンダー・ライガー。

小学生の頃、スーパーファミコンのファイプロでいつも使ってました。

組んでYボタン押したら掌底を3発放つんですよね。

思い返せば、バトルライガーとか、ブラックライガーとか、鬼神ライガーとかいろいろ見てきましたけど、この試合はすごく胸に来るものがありました。

石森太二にとっては、90年代のジュニア黄金期を支え、ジュニアの象徴であり”リビングレジェンド”と呼ばれるライガーを超えるという・・

とんでもない”試練の一戦”だったと言えると思います。

それに石森からすると、ライガーは、師匠のウルティモ・ドラゴンと昔(22~3年前)ベルトを争っていた選手でもあるわけですから。

しかし、見ごたえのあるいい試合でした。

ライガーさん風に言うと「おもしれぇぇぇ」試合。

グラウンドコブラツイストホールドが出た瞬間、画面を見ながら思わず声が出ました。

結果だけでなく内容でもファンを納得させた石森選手。

強敵「ドラゴン・リー」にどう闘うのか注目です。

 

あとSNSの「相手を知るシリーズも」。まずタコスは食べるんだろうなぁ。

 

去り際「ゴメンね」という感じで謝っていたライガーの姿に、少し寂しさを感じました。

何度も首をかしげていた姿が印象的でした。もしかしたら、自分の思ったような動きが

バックステージコメントは引退示唆か!?

試合後の退場のシーン。

「ゴメンね」という感じで観客に謝っていた獣神サンダー・ライガー。

何度も首をかしげていたのがすごく印象的でした。

ファンからすると文句のない試合だったように思うのですが、もしかしたら思ったような試合が出来なかったのかもしれません。

バックステージコメントではこう語りました。

石森が強くて俺が弱かった。それだけ。他には何もないよ。何もない。俺なりに今の試合をして、いろいろ考えるところもあって……。

まあ近いうちにいろいろ語らせてもらいます。

あんだけ応援してくれて、応援に包まれて、それに応えることができなかった。ある意味、プロ失格だとも思うし。

まあ、そんなことも踏まえて口下手な俺がいろいろこのあとまた語らせてもらいます。今日はそんだけだ。ごめん

引用:新日本プロレス

 

これだけを見ると、引退を示唆してるようにも見えますよね。

KUSHIDAが時間を止めておきましたと言ったライガー最終章。

もしかすると終わりの時が近づいているのかもしれません。

プロレスラーの引退というのは難しい問題だと常々思います。

どのレスラーも激しい試合の連続で、どこかしら痛めているわけで、首が痛い、腰が痛い、膝が曲がらないなどの慢性的な体の痛みを抱えて闘っています。

控室を出る時に、毎回「今日も生きて帰ってくるぞ」と自分に言い聞かせて出ているというレスラーの話しを聞いた事がありますし。

まだわかりませんから、ライガーさんが何を語ってくれるのか注目して待ちたいと思います。

MSGの舞台へ・・

MSGが近づいてきていますが、きっとプロレスラーにとって、特に世界的な活躍をしてきたライガーさんにとって”夢の舞台”だと思います。

どんどんタイトルマッチが決まっていってますが、今回の敗戦で、MSGの舞台は遠くなってしまったのかもしれません。

ライガーさんくらい海外人気あれば、何らかの形で出場できそうではありますが・・。

レッスルキングダムでも、4年連続続いていたニュージャンランボーがなくなって、ライガー始め多くの選手が出場できませんでした。

海外の渡航費や宿泊費なんかを考えると、出れない選手のほうが多くなるのは当然なのですが。

ライガーがMSGの舞台にどのような形で立つのか?あるいは立てないのか。

ここらへんも注目です。

 

こちらからは、以上です!