飯伏幸太がIWGPインターコンチネンタル初戴冠!!ボマイェに込められた想い!

スポンサーリンク
MSG プロレスラー

4.6 ROH&新日本プロレスの合同開催としてマディソンスクエアガーデンで行われた「G1 SUPER CARD」

第8試合に行われた、IWGPインターコンチネンタル選手権試合、

内藤哲也対飯伏幸太

試合前の期待度は、1番高かったのではないかと思うこの試合。

飯伏の”滾り”からの”ボマイェ”のシーンは、アメリカのファンも大盛り上がりでした。

飯伏のボマイェはすでに何度も見ているけれど、MSGでのあの姿は、個人的に鳥肌が立ちました。

ちなみに新日本プロレス公式サイトの試合結果では何故か「ギタり」となっています。

田口JAPAN万歳!!

 

ただ、ボマイェの使用許可を中邑真輔からもらっている飯伏。

MSGで見せたのは間違いなく”滾り”でした。

スポンサーリンク

MSGでの内藤哲也対飯伏幸太を振り返る

MSGという大舞台で、堂々と”らしさ”を魅せた内藤哲也

海外ファンの声をざっと見てみると、唯一の日本人対決となったこのカードを、今大会のベストバウトに押す声が多いです。

会場のお客さんの楽しんでる顔見てたら、本当に幸せな気分になりますよね。

途中、内藤が鉄柵に飯伏を叩きつける時に、カメラアシスタントの人がぶつかったシーン。

ただのアクシデントで終わらせずに、詰め寄って見せて盛り上げた内藤。

その後、握手を求める所もさすがですよね。

その後客席に突っ込んだ際もそうですが、本当に怪我がなくて(なさそうで)良かったです。

 

ただ、”人でなしドライバー”を返す時なんかもそうでしたが、内藤は膝の調子がいつも以上に悪そうでしたね。

以前の記事でも少し書きましたが、内藤は右膝の前十字靭帯を2回断裂していますし、やはり直前のメキシコ・コスタリカ遠征の影響があったのかもしれません。

棚橋弘至の膝の状態とハイフライフロー封印の苦悩!
棚橋弘至の現在の膝の状態は?飛び技が膝に与える影響はどれほどのものなのか?ハイフライフローを封印して闘ったNEW JAPAN CUPから見えてきた棚橋の新技は何になるんでしょうか。

”飯伏対内藤”で考えると、もっとすごい試合を今までしてきたように思いますが、この大舞台でこれだけの試合が出来るのは、さすがですね。

負けてしまった内藤は、IWGPヘビーへ向かうのでしょうか。

飯伏幸太と中邑真輔

試合前から、飯伏幸太はインターコンチを”2人の神”が巻いていたベルトと言っていました。

1人はもちろん”カミゴェ”の由来ともなった棚橋弘至

もう1人は中邑真輔

かつて、インターコンチといえば中邑。

というより、もはや中邑のベルトというイメージでした。

 

飯伏幸太のベストバウトは、僕は未だに対中邑真輔だと思っています。

プリンスデヴィッドとのIWGPジュニアだったり、ケニーとのG1だったり、棚橋弘至や内藤との試合なんかももちろん素晴らしいんですが。

両方好きな選手で、両方現地で見たというのもあるのかもしれませんが、僕の中でこの2試合は定期的に見たくなる試合です。

1つは2013年の8.4「G1 CLIMAX」

この試合は、この年のベストバウトを取っています。

この時、中邑は試合後にこう語っています。

いいモン持ってるよ。それは誰もが認める。

どっかで言ったか? 『使い方だ』って。

心技体、バランス、体と心、すべてはそれだね。俺の中では。

引用:新日本プロレス

ずば抜けた身体能力で「現代プロレスの最先端」と評価されていた飯伏。

場外へのスワンダイブ式カンクーントルネードはここが初披露ではなかったでしょうか。

 

そして、2度目は2015年1.4「レッスルキングダム」

飯伏が掟破りの”ボマイェ”を出したのも、スワンダイブ式のジャーマンを出したのもこの時が初めてです。(少なくとも新日本では)

最近はセカンドロープからですが、この時はトップロープでした。

 

後に「まるで兄弟喧嘩のようだった」と振り返っている中邑ですが、試合後にはこう残しています。

「ハァハァハァ…ヤバかった。ふぅ… なんだ? 負けるかも? 
そんなん飛んだね、途中で……死ぬかも。
『何これヤバい!!』って、試合の中で感じれるほど、気持ちいいモノでした」
——改めて飯伏幸太という相手はどんな相手でしたか?
「紛れもない、自分が思う所の中邑真輔。
自分が思う所のプロフェッショナルと、思います。
まぁ、褒めようと思えばね、いくらでも? 貶そうと思えば、いくらでも。
ただね、あんな、あんななんて言うんだろうな…ヤバい? ヤバい…なんでもいいや。
自分にとって特別な相手は、そうはいないっすね。
まぁ、そういう感触?なんて言うんだろ。なんだろう。自分がもの凄く高揚するんです。
えぇ。お世辞抜きで。
そんな相手はね、今までのプロレスの人生の中でも、そうと言い切れるのはアイツだけでしょう。」

コメントの変化からもわかるように、この試合はすごかったです。

そもそも前回のベストバウトを取った試合で上がっている期待を、軽く超えてきましたから。

 

そんな中邑との激闘を繰り広げながらも、取れなかったインターコンチ。

中邑は、アメリカに行く前に飯伏と食事をして、こんな事を伝えたそうです。

「ハッパをかけとかないとなってことですね。

なんていうか『今しかなんだよ』と。

流れを作るのは他の誰でもない、飯伏。

流れを作りたいなら、自分でやらなきゃいけないでしょ。そっちの方が面白いよってとこですかね」

引用:東スポWeb

あの激闘から4年。

ついにインターコンチのベルトを巻いた飯伏幸太。

次戦は早速4.20でザック・セイバーJrとの試合が決定しました。

飯伏×インターコンチのこれからの物語に期待したいと思います。

 

こちらからは、以上です。