オカダカズチカが対石井智宏戦で魅せたチャンピオンの神髄!

スポンサーリンク
NEW JAPAN CUP2019 NEW JAPAN CUP

神髄とは・・・物事の最も肝心な点・本質。またはその道の奥義。

NEW JAPAN CUP準決勝

オカダカズチカ対石井智宏

これまでの3戦で石井は対永田、対タイチ、対YOSHI-HASHIとゴツゴツした激しい打ち合いの消耗戦でベストバウト級の試合を連発してきました。

対するオカダは対エルガン、対マイキー、対オスプレイとタイプの異なる外国人選手相手に勝ち上がり、エルガンこそ苦戦したものの、マイキー、オスプレイ相手には完勝のイメージ。

正直、マイキー戦は言ってしまえば”得体の知れないバランス型の外国人選手”が相手というテーマを見いだしにくい試合だったように思います。

もちろん得たいの知れないかどうかは個人差があるでしょうが、個人的にはマイキーといえばタッグ屋くらいしかイメージがなく、あまり感情移入ができないという部分が強かったです。

そんな中迎えた石井戦。

スポンサーリンク

石井智宏がみせる新たな引き出し

昔、棚橋がこんな事を言っていました

「石井のファイトはレスラーが真似したくなる」

石井の武骨で闘争心あふれるファイトはプロレスラーからの評価も高い事は有名でしょう。

 

コメントこそ少ないものの、時々見せる”辛辣で漢らしく愛がある”コメント。

初戦の永田戦でみせたコメントは記憶に新しいですが、そういったコメントの説得力は、やはり全試合全力という石井の姿勢から来るものだと思います。

永田裕志と石井智宏が魅せたストロングスタイル!二人の生き様を見た!!
3.8後楽園ホールで行われた”NEW JAPAN CUP”の一回戦。メインカードで行われた永田裕志対石井智宏。ファンの期待通りの、ゴツゴツでバチバチなぶつかり合い、ストロングスタイルを感じる試合でした。ストロングスタイルとはなにか?試合からみえる2人の生き様とは。

 

身長が足りないという事で、天龍の元を一度はクビになった石井ですから

毎試合いかにして爪痕を残すかという姿勢は、そういう部分から来てるんだと思います。

 

今回のオカダカズチカ戦でも、石井は全力の逆水平チョップとラリアットでオカダカズチカを苦しめました。

ゴツゴツした武骨な闘いの中で”ここぞ”という時に新たな引き出しを開けるのも石井の魅力。

レインメーカーのカウンターにヘッドバッドはまさに石井らしいと言える返し方でした。

しかしその後、ついに決まるかと思われたレインメーカーを一本背負いから腕ひしぎ逆十字という引き出しを開けた石井。

中邑真輔じゃないですか!

本隊との合同タッグでも、1人乗り気じゃなさそうな石井が表現した”CHAOS愛”のようにも思えました。

オカダカズチカが魅せたチャンピオンの神髄

一方で大本命のオカダカズチカは、ある意味でいつも通りのプロレス。

新しい引き出しを開ける事はなく、キックからDDT、跳ね起きから地名を叫ぶ。

ドロップキックにツームストンにレインメーカー。

圧倒的な体格とスピード、そして華。

それがオカダの持ち味とはいえ、やっている事自体はいつも同じといえば同じなわけです。

 

しかしオカダはとにかく相手の技を受けます。

石井がこれまでの3戦で魅せた打ち合いの展開とは違い、とにかく受ける。

 

これこそチャンピオンの神髄

相手の技を受けて受けて、相手の良さを引き出した上でそれでも立ち上がりねじ伏せる。

これこそが本来のチャンピオン象であり、プロレス象といえるでしょう。

 

石井は身長が低い自分という部分を跳ね返す毎試合全力の中で築き上げたプロレス。

オカダは若くしてIWGPを背負い連続防衛の中で観客を納得させるために技を受け続けて、築きあげてきたプロレス。

改めてオカダと石井の凄さを感じるとともに、オカダの決勝戦に期待したいと思います。

 

こちらからは、以上です。