オカダ・カズチカ対クリス・ジェリコの試合に対する海外の反応をまとめて紹介!!

スポンサーリンク
海外の反応 新日本プロレス

6.9ドミニオンで行われたIWGPヘビー級選手権試合

オカダ・カズチカ対クリス・ジェリコ

試合中は、終始ジェリコのペースで進み、フィニッシュはレインメーカーではなく丸め込みで決着。

試合後には、オカダを蹂躙するジェリコに対し、解説席から棚橋弘至が救出に入りました。

しかし、マイクで好き放題の暴言を吐いて去るジェリコに対し、マイクを手に取り言い返すこともなく、棚橋はオカダに肩を貸して引き上げてしまい、なんともオチのつかない形に。

一連の流れに不満を感じた会場のファンからは、大ブーイングが起きました。

このオカダ対ジェリコの試合は海外ファンの目にどう映ったのでしょうか。

海外の反応をまとめて紹介します。

スポンサーリンク

オカダ・カズチカ対クリス・ジェリコの試合に対する海外の反応

毎度おなじみの海外掲示板redditより抜粋して紹介します。
2.2以来チェックしていますが、メインイベントはクソでした
微妙なエンディングを除けば、私は本当にこの試合を楽しんだ。当然、どちらにとってもベストマッチではありませんでしたが、良かったです。
エンディングはAEWにおけるジェリコの地位を保護します。
これは、新日本とAEWが合意するまで、新日本プロレスが特にジェリコとの間に抱える問題になるでしょう。

 

普段のオカダよりもかなり遅い試合。そして、オカダのチャンピオンとしての「最も弱い」試合だろうと私は思う。
私はこの結末が好きです。多くの人が壮大なフィニッシュを望んでいることを実感していますが、時々、観客に何かがマッチを終わらせるということを思い出させるのは良いことです。
文字通り3つ星の試合。
オカダの試合で3つ星は、かなり悪いですね。
良いジェリコ戦だが平凡なオカダ戦。
私はこの試合が好きでした。ジェリコは強い見せ方をして去り、オカダは勝利を得た。私たちが飯伏対内藤と同じことを期待して、この試合にのぞむ必要は決してありません。
CHOSは愚かな友達だ。オカダを救うためにだれも出てこない。
正直なところ、これはカードでの最悪の試合の1つだったと思います。
2019年のジェリコはゴミです。オカダの試合でこんなひどい試合を見た事がない。試合後のものも良くなかった。タナ対ジェリコは非常に遅くなる(スピードが)だろうし、見たいとは思わない。
フィニッシュが大好きです。通常のビッグカズ(オカダ)のタイトルマッチと違って際立っていました。
正直なところ、この後、私は新日本で別のジェリコの試合を見るつもりはありません。彼のキャラクターはケニー、内藤、さらにはEVILに対しても機能しましたが、現在は古くなっています。また、彼がしていることはすべて遅く見えてしまう。
私は、これを見ていたNJPWに精通していない誰かが、ジェリコのために「世界で最高となるはずのあの男」(オカダ)に対して、完全に失望するのを嫌います。
オカダは本当に世界一ですが、この試合はそれを示していませんでした。
私の意見では、99%の試合は20分を超える必要はありません。この試合も例外ではありませんでした。
内藤との試合は素晴らしかった。おそらくジェリコの最後の良い試合。
私たちはもっと期待していると思います(新日本に)。これはおそらく新日本で今年2番目か3番目に大きいカードです。平均的な試合で番組を終えるのは嫌です。
明らかに不評な意見が多いですが、私はこの試合が好きでした。
おそらく私がここ数年で見て覚えている中で、最も悪い新日本のメインイベントの試合
私は日本の観客があんなにブーイングするのを見たことがありませんでした。少しショックを受けました。
どちらもフィニッシャーを出す事が出来ませんでした(事情的に)。その中でドミニオンの試合で、オカダがオメガに対してピンフォールを得たのと同じフィニッシュでした。。
ストーリー的にはそれは良かったのですが、これらのアメリカンスタイルの試合はJr.タイトルマッチや飯伏対内藤の残酷な試合に対してはインパクトが弱かったです。

まとめ

ジェリコに対してかなり批判的な意見が多かったです。
それだけオカダ・カズチカの事を評価している人が多いという事でしょうか。
もちろん批判的なコメントもあって
「カズの試合は毎回同じ公式だ」
「前回のSANADA戦はひどかった」
なんて意見もありましたが。
独特な言い回しをしていたので抜粋しませんでしたが
「オカダの試合は30分を超えないとベストマッチにならない。良さが出ない」
というようなコメントがあって、印象に残りました。
オカダの試合は受けて受けて、それでも底なしのスタミナで最後に勝つという試合が多いですからね。
そういう意味では、AEW王座を控えたジェリコと試合を組まれた時点で、オカダにとってかなり難しい試合だったのかもしれません。
こちらからは、以上です。

最新情報を人気のプロレスブログからチェック!!↓↓

人気ブログランキング