スポンサーリンク
NEW JAPAN CUP

飯伏幸太対内藤哲也のニュージャパンカップでの激闘から見えるもの!

3.10 NEW JAPAN CUP1回戦の最大の山場といっても過言ではない試合。飯伏幸太 対 内藤哲也は予想通り、すさまじい激闘になりました。 タイガードライバー91からのカミゴェというコンボまで飛び出した壮絶な試合から見えてくるのは、2人の強い絆、信頼関係でした。
NEW JAPAN CUP

旗揚げ記念日で飯伏幸太はなぜ棚橋弘至に謝ったのか?

旗揚げ記念日のバックステージで棚橋に対し謝った飯伏幸太。なぜ謝ったのか?何を指すのか?
NEW JAPAN CUP

永田裕志と石井智宏が魅せたストロングスタイル!二人の生き様を見た!!

3.8後楽園ホールで行われた”NEW JAPAN CUP”の一回戦。メインカードで行われた永田裕志対石井智宏。ファンの期待通りの、ゴツゴツでバチバチなぶつかり合い、ストロングスタイルを感じる試合でした。ストロングスタイルとはなにか?試合からみえる2人の生き様とは。
IWGPジュニア

MSGのIWGPジュニアヘビー級は3WAYに!?ROHから”バンディード”が挑戦表明!!

旗揚げ記念日にドラゴン・リーが挑戦表明したことで、MSGでのIWGPジュニアヘビー級のタイトルマッチは石森太二対ドラゴン・リーかと思われました。しかしROHからバンディードが挑戦表明!3WAYマッチの可能性が!!
IWGPジュニア

獣神サンダー・ライガーが2020年の東京ドームでの引退を発表!高橋ヒロムが挑戦表明!?

3.6旗揚げ記念日のIWGPジュニアヘビーのタイトルマッチで石森太二に敗れた獣神サンダー・ライガーが一夜明け会見で、来年2020年の東京ドーム大会での引退を発表しました。引退会見から見えてきたこと、高橋ヒロムの挑戦表明について。
IWGPジュニア

獣神サンダー・ライガーの夢破れる!!バクステコメントは引退示唆なのか!?

2019.3.6旗揚げ記念日の第5試合。獣神サンダー・ライガー対石森太二 2000年にIWGPジュニアヘビーを巻いて以来、約20年ぶりの戴冠が期待された獣神サンダー・ライガーでしたが、15分50秒、Yes Lockにより敗れました。バクステコメントでは引退示唆も?
新日本プロレスの歴史

永田裕志対ミルコ・クロコップ[新日本プロレスの歴史]

2019年3月 K-1やPRIDEで活躍した”ミルコ・クロポップ”が脳卒中により引退した。永田裕志はなぜミルコ・クロコップと対戦しなければならなかったのか。当時はどんな様子だったのか。今、その歴史を振り返りたいと思う。
NEW JAPAN CUP

デビッド・フィンレー欠場の代打で出場する田口隆祐に期待するのは新技だ!!

NEW JAPAN CUP2019、肩の負傷で欠場が決まったデビッド・フィンレー。その穴を埋める代打選手が、田口隆祐に決定したようです。田口の出場で期待できるカード、新技が飛び出すのか?について考察しています。
コラム

プロレスラーの逮捕や不祥事の時に思う事

先日、元新日本プロレスで活躍していた金本浩二が逮捕されたというニュースがありました。どの業界でも、1人の人間が過ちを犯すと、業界自体のイメージダウンに繋がってしまいかねません。 それでも思い出は変わらない・・・というような話しです。
NEW JAPAN CUP

デビッド・フィンレーが負傷でNEW JAPAN CUP欠場!代打出場選手は誰になる!?

デビッド・フィンレーが肩の負傷でNEW JAPAN CUP欠場という残念なお知らせがありました。代打出場選手は現在発表されていません。代打出場選手はジェフ・コブ?吉田?関本大介?スケジュールなどを見ながら考えてみました。
スポンサーリンク