SANADA対ザック・セイバーJrの試合に対する海外の反応をまとめて紹介!

スポンサーリンク
海外の反応 G1 CLIMAX

7.6 G1クライマックス29開幕戦のダラス大会で行われた、SANADA対ザック・セイバーJr

ザックにテクニックで対抗するSANADA、洗練されたザックのヒールワーク、まさに職人芸を見せつけられたこの試合。

ダラス大会でのベストバウトは、ウィル・オスプレイ対ランス・アーチャー戦を上げるファンが非常に多いですが、この試合もそれに次ぐ高評価を得ています。

今回は、この試合に対する海外の反応をまとめて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

SANADA対ザック・セイバーJrの試合に対する海外の反応をまとめて紹介!

海外掲示板redditから抜粋。

4.75〜5つ星 魅惑的です。しびれた!
私はZSJが私の大好きなレスラーだから偏っています。これは私にとってマッチオブザイヤー候補でした。
観客がそれに追いついていたことも愛おしい!
このフィニッシュシーケンスは素晴らしかったです!
ZSJとSANADAの両方からの素晴らしい作品。
テクニカルなレスリングは最高です。
私は通常、テクニカルマッチのファンではありませんが、楽しみました。
それが私にとって嬉しくて驚きました。
素晴らしい試合とフィニッシュ。ザックはとても滑らかだ。
SANADAにとって良い勝利。しっかりした4.5つ星の試合。
それは絶対にセンセーショナルで、結末は完璧でした。
この試合は、将来のメインイベントに立つ男としてSANADAを魅せた。
ザックはこれを完璧にサポートした。これからのIWGPヘビー級チャンピオン!
これまでのところ私にとって今夜のベストバウト。ZSJのヒールワークはワールドクラスであり、彼の能力は否定できない。
彼がどの位置からでもロックに滑り込むことができたため、試合は中断されずに終わった。
そして真田はZSJ以上のことができることを証明した。
こんなものを見たことがない!20分の苛立ち、サブミッション、ロールアップ、そして逆転!
それは魅惑的で、才能を見せつけられた。
2人は驚くべき化学反応を持っています。素晴らしい試合。素晴らしいストーリー。
私はスカルエンドが好きではない、それはSANADAのファンになるべき私を引き留めています。
それはプロレスを見てきた30年の間に、私が今まで見た中で最高のフィニッシュセグメントの1つでした。
またしてもSANADAがザックを追い出しました!素晴らしい。
去年(G1での2人の対戦)よりも上に置くかどうかはわかりませんが、すごく近いです。
私はRev Proのタイトルマッチを楽しみにしています!
マイボーイSANADA!素晴らしい試合。ZSJは素晴らしく生意気なヒールであり、あらゆるところで素晴らしい逆転。
決着がついた時、私は拍手しました。
私はSANADAについては何も知りませんでした、そして私はZSJの見た目と、彼のカリスマ性のない性格が嫌いですが、彼らは私を夢中にさせました。
SANADAは本当にエキサイティングでクレイジーなチェーンレスリングでザックの良さを引き出します。

まとめ

頭から落とす投げ技は、SANADAが放ったバックドロップとザックの低空のDDTのみ。

両者が離れる度に拍手が沸き起こっていましたね。

 

掲示板では、基本的には称賛のコメントが多いですが、書き込まれているコメント数では、ランス・アーチャー対ウィル・オスプレイの半分以下。

また高評価でも前提として「このスタイルは好きじゃないが~」といっているファンも多かったです。

やはり海外ファンには、テクニカルなスタイルはあまり人気がないのかもしれませんね。

個人的にはアーチャー対オスプレイと同じくらい面白かったのですが。

また、他の試合の海外の反応もまとめたいと思います。

 

こちらからは、以上です。

ウィル・オスプレイ対ランス・アーチャーの試合に対する海外の反応をまとめて紹介
7.7ダラス大会で開幕したG1クライマックス29。G1公式戦のオープニングカードとなったウィル・オスプレイ対ランス・アーチャーの試合に対する海外の反応をまとめて紹介します。海外ファンと日本のファンの違いを感じる事が出来るはずです。
飯伏幸太対KENTAの試合に対する海外の反応をまとめて紹介!
G1クライマックス29の開幕戦となった7.7ダラス大会。注目を集めた飯伏幸太対KENTAは、一方的な展開でのKENTAの”完勝”という結果になりました。期待が高かった事もあり、国内ではKENTAに対する批判も飛び交っていますが、海外ファンの目にはどう映ったのでしょうか?この試合に対する海外の反応をまとめて紹介したいと思います。
オカダ・カズチカ対棚橋弘至の試合に対する海外の反応をまとめて紹介!
G1クライマックス29の開幕戦である、7.7ダラス大会でメインを飾ったオカダ・カズチカ対棚橋弘至。G1では3度の対決も引き分けに終わり、勝敗という部分でも注目されたこの試合。海外ファンにはどう映ったのでしょうか?この試合に対する海外の反応をまとめて紹介します。
スポンサーリンク