棚橋弘至

スポンサーリンク
G1 CLIMAX

[G1 29]波乱の幕開けで決勝進出のボーダーラインは?過去のG1などから考察!

G1クライマックス29も開催4日を終えましたが、昨年のファイナリストである棚橋弘至、飯伏幸太が共に2連敗。現インターコンチ王者の内藤哲也や、現ブリティッシュヘビー王者ザック・セイバーJrなども2連敗するなど波乱の幕開けとなっています。この記事では、過去のG1を参考に決勝進出のボーダーラインを考察したいと思います。
G1 CLIMAX

オカダ・カズチカ対棚橋弘至の試合に対する海外の反応をまとめて紹介!

G1クライマックス29の開幕戦である、7.7ダラス大会でメインを飾ったオカダ・カズチカ対棚橋弘至。G1では3度の対決も引き分けに終わり、勝敗という部分でも注目されたこの試合。海外ファンにはどう映ったのでしょうか?この試合に対する海外の反応をまとめて紹介します。
G1 CLIMAX

飯伏幸太はG1クライマックスでオカダ・カズチカに勝利できるのか?

G1の優勝候補として名前が1番挙がる、飯伏幸太。新日本プロレスの4強にも入る勢いで、本隊のエースの座が見えてきていますが、これまでオカダ・カズチカには勝った事がありません。G1でのオカダ戦の意味、オカダとの過去対戦成績、飯伏とオカダの関係性を紹介すると共に、飯伏がオカダに勝てるのかを考察していきます。
プロレスラー

プロレス総選挙ファイナルの結果は?過去の総選挙順位も紹介!

6月27日発売の雑誌「Number」で発表されたプロレス総選挙ファイナルの結果。棚橋弘至が1位に返り咲きました。雑誌内に掲載された高橋ヒロムのインタビューについてや、最終中間速報、過去のプロレス総選挙の順位も紹介します。
2019.06.30
新日本プロレスの歴史(過去の出来事)

猪木問答に見る棚橋弘至の信念![全文書き起こし]

新日本プロレス冬の「札幌事件簿」の1つに数えられる、2002年の2.1北海きたえーるにておきた猪木問答を紹介します。アマゾンプライムビデオで見られる「有田と週刊プロレスと」においては猪木御殿(さんま御殿のように猪木がトークを回しているから)とも呼ばれているこの事件。背景にあったもの、猪木問答全文書き起こしから見えてきた棚橋弘至の信念。新日本プロレスにとって激動の2002年を振り返ります。
新日本プロレス

棚橋弘至の膝の状態とハイフライフロー封印の苦悩!

棚橋弘至の現在の膝の状態は?飛び技が膝に与える影響はどれほどのものなのか?ハイフライフローを封印して闘ったNEW JAPAN CUPから見えてきた棚橋の新技は何になるんでしょうか。
NEW JAPAN CUP

旗揚げ記念日で飯伏幸太はなぜ棚橋弘至に謝ったのか?

旗揚げ記念日のバックステージで棚橋に対し謝った飯伏幸太。なぜ謝ったのか?何を指すのか?
IWGPヘビー

ジェイ・ホワイトがIWGPヘビー級王者になった事で今後の新日本はどうなっていくのか!?

2.11「THE NEW BIGINNING OSAKA」にて棚橋弘至を下し、ジェイ・ホワイトが第68代IWGPヘビー級チャンピオンになりました。ジェイ・ホワイトは「最年少”外国人”チャンピオン」という肩書も手に入れました。棚橋が発したコメントは?今後の新日本はどうなっていくのか?
2019.03.01
THE NEW BEGINNING

棚橋&オカダのドリームタッグチーム初勝利!連携技から見えたこれからの期待と不安!

1.30 棚橋、オカダのドリームタッグチームが結成以来初となる勝利。 結成以来ずっと連敗してましたからね。長かった。今回の勝利で連敗続きだったドリームタッグチームに明るい希望の光が差したと同時に僕の中には不安が生まれました
2019.03.01
新日本プロレス

KUSHIDAの棚橋弘至との新日本ラストマッチにイデオロギー闘争の先を見た!

2019年1月29日。KUSHIDAの新日本プロレスでのラストマッチ。 対戦相手は新日本のエース、棚橋弘至。 新日本に連れてきたのも棚橋なら送り出すのも棚橋。この闘いにイデオロギー闘争の先を見た。
2019.02.19
スポンサーリンク