ウィル・オスプレイ対ランス・アーチャーの試合に対する海外の反応をまとめて紹介

スポンサーリンク
海外の反応 G1 CLIMAX

7.6ダラス大会で開幕した、G1クライマックス29のオープニングカード、ウィル・オスプレイ対ランス・アーチャー

IWGPジュニアヘビー王者であり、毎回ベストバウト級の試合を見せるオスプレイに対し、覚醒し、より一層怪物ぶりを見せはじめたランス・アーチャー。

ニュージャパンカップの再戦となった両者の対戦は、ダラス大会でのAブロック公式戦の中でも1.2を争う好試合となりました。

今回は、この試合に対する海外の反応を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ウィル・オスプレイ対ランス・アーチャーの試合に対する海外の反応

海外掲示板redditより抜粋。

4.5つ星 素晴らしいトーナメントオープナー
AJは昔のTNAで彼とキラーマッチを取り戻しました。オスプレイはちょうど今彼から素晴らしいものを引きずり出しました。
それはトーナメントの最初のすごい試合でした
私は彼が10年以上前のTNAの男だと思っていました。アーチャーファンではありませんが、彼は地獄から私を感動させました。
それはG1クライマックスをキックオフするのに最適な試合でした。
私はアーチャーとオスプレイがそのような化学反応を持っていることを知らなかった。絶対に素晴らしい試合だった。
これは素晴らしい試合でした。これは彼らのニュージャパンカップの試合を上回る。
アーチャーは、タッグよりもシングルとしての方がはるかに優れている 。本当に説得力のある大男として働いた。
私が今まで新日本で見たことのある最初の試合。それは素晴らしい試合でした。
私は間違いなく、ランス・アーチャーがG1の初日の夜にマッチオブザイヤーを勝ち取ることを少しも期待していませんでした。この試合は最高でした。
アーチャーはこれでこれまで以上に良く見えた。彼のトーナメントの残りがどのように行われるかを楽しみにしています。
4.5。素晴らしい試合、アーチャーは彼の故郷で全力を尽くしました。そして、彼らは私に最後まで誰が勝つかを推測させました。
私は彼がトーナメントの残りの間このレベルを維持することを願っています、(そうすれば)彼はUSのタイトルを追いかける事が出来るかもしれません。
オスプレイは、彼がその年のレスラーの一人であることを証明し続けています。
アーチャーのキャリアの中でも最高の試合だった、これは彼らのニュージャパンカップの試合の完璧な続編だった。

まとめ

予想通り、ダラス大会でのベストバウトに上げる人も多くいました。

オスプレイはずっとレベルの高い闘いを見せてきているという事もあり、今回はアーチャーについて言及するファンの方が多かったです。

ランス・アーチャーは、海外ではTNAやWWEでも活動していたこともあり、海外ファンの間では”過去の人”的な扱いをされているのをよく目にします。

また”あまり上手くない選手”という認識のファンも多いようですが、今回の試合では一気に評価を上げる事となりました。

オスプレイに関しては、SNSでの発言などからアンチも結構多いです。ここらへんが、日本のファンとは少し違う点ですよね。

また、G1公式戦の第1試合のため「新日本で初めて見た試合だ」というコメントもいくつか見られました。
かなりの高評価でしたし、これを期に新日本プロレスにハマってくれると嬉しいですよね。

こちらからは、以上です。

SANADA対ザック・セイバーJrの試合に対する海外の反応をまとめて紹介!
7.7G1クライマックス29開幕戦のダラス大会で行われた、SANADA対ザック・セイバーJr。ザックに対しテクニックで対抗するSANADA、洗練されたザックのヒールワーク、まさに職人芸を見せつけられたこの試合。海外ファンの目にはどう映ったのでしょうか?この試合に対する海外の反応をまとめて紹介します。
オカダ・カズチカ対棚橋弘至の試合に対する海外の反応をまとめて紹介!
G1クライマックス29の開幕戦である、7.7ダラス大会でメインを飾ったオカダ・カズチカ対棚橋弘至。G1では3度の対決も引き分けに終わり、勝敗という部分でも注目されたこの試合。海外ファンにはどう映ったのでしょうか?この試合に対する海外の反応をまとめて紹介します。
飯伏幸太対KENTAの試合に対する海外の反応をまとめて紹介!
G1クライマックス29の開幕戦となった7.7ダラス大会。注目を集めた飯伏幸太対KENTAは、一方的な展開でのKENTAの”完勝”という結果になりました。期待が高かった事もあり、国内ではKENTAに対する批判も飛び交っていますが、海外ファンの目にはどう映ったのでしょうか?この試合に対する海外の反応をまとめて紹介したいと思います。
スポンサーリンク